飛行機のブラインドは開けてもいいの?閉めたままがいいの?

飛行機のブラインドは開けるか閉めるか

飛行機でエコノミークラスを利用するとき、窓側と通路側、そして両隣りに挟まれる席などに座ります。両隣りに挟まれると窮屈感があるので、できれば窓側か通路側を選びたいところでしょう。もし窓側の座席になったらどうするかですが、初めて海外旅行をする人などはブラインドを開けて外の様子を見たいと思う人もいます。しかし常識的には通常は閉めている人が多いようです。バスや鉄道なら車窓がそれなりに楽しめますが、飛行機は離着陸以外窓の外の変化はほとんどありません。ブラインドを開けると外から日差しが入って来やすくなり、周りの人にとっては迷惑になるときもあります。前後の座席の様子を見ながら、周りが閉めているときは閉めるなどの対応を取りましょう。

離陸や着陸の時にブラインドを開けるよう言われる

初めて海外旅行をするとき、飛行機に乗るのも初めての人もいます。飛行機は怖いとのイメージを持つ人もいますが、無事離陸した時は感動するかもしれません。それも旅の思い出の一つになるでしょう。飛行機は立っての利用はできないので必ずどこかの席に座ります。運がいいのか悪いのか窓側の席になるときがありますが、窓側の席の人はある作業をしないといけないかもしれません。離陸や着陸の時にキャビンアテンダントからブラインドを開けるように指示されますが、これは万が一の時に窓の外の様子を確認するためです。万が一が起きてからだと指示をしたり開けたりの動作に時間を取られ逃げ遅れる可能性があります。決まりなので、指示されたときは行うようにしましょう。

フラマイレーツでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です